BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 冨田 展正
  4. 失礼な勘違い。。

失礼な勘違い。。

 

 

こんにちは。人材開発の冨田です。

以前、当社オフィス内で起こった「失礼な勘違い」エピソードを紹介します。

当社のメインオフィスは3階にあり、本社スタッフから営業社員まで同じフロアーに同居しています。

フロアーは土足禁止にしているため下駄箱で靴からスリッパに履き替えています。足がムレなくて助かります。

室内にはBGMもかかっていますので、和やかな雰囲気で仕事に取り組めます。

 

 

そんな本社オフィスにて、ある日のお昼下がりでした。

私の鼻にふわっと芳香剤のような香りが通り過ぎました。

 

 

「あれ、いまなんか匂ったな」

そういえば最近たまに同じような匂いがする時があるんだよなあと思っていました。

そこで、近くにいたUさんに聞いてみました。

私:「いまなんか匂わなかったですか?」

 

 

Uさん:「私も最近ちょっと思っていたんですよね」

Uさんも同じように感じていたようです。

 

 

そして私が、

「なんかアレっすかね。トイレの芳香剤の匂いが流れてきてるんですかね」

 

 

そう言うと、

Uさんはやや慌てて、目でチラチラWさんの方を見て無言で私に何かを訴えかけていました。

そして首元にシュッシュってスプレーをかける仕草をしました。

 

 

「あ!マズイ!」

「もしかしてWさんのオーデコロン?!」

 

 

Uさんはそういうメッセージを私に発していたのです。

私は慌てて話題を変え、言葉多めに違う話をし始めました。さっきの発言を無かったことにするかのように。

そしてチラッとWさんを見てみましたが、背中越しにずっとPCのモニターを見て仕事をしていました。

 

 

これ気づいてるのかな〜

いや、気づいていないでくれ〜

女性のオーデコロンを「トイレの芳香剤」と形容してしまったのです。。

こりゃマズったな〜

 

 

Wさんのその背中が何を物語っていたのか。

その時はわかりませんでした。

 

 

そして時が経ち、

ある日の朝、オフィスの掃除をしていると、また同じ芳香剤の匂いが漂ってきました。

今回はけっこう強めに。

 

 

あれ、まただ。これどっから来てるのだろう。

匂いの元を求めてフロアー内を探し歩いていたところ、ついに発信源を見つけました!

 

 

I田課長のデスクに、ビンに刺すスティックタイプの芳香剤が、あるじゃあーりませんか!

近くに寄って匂いを嗅いでみると、完全に「その匂い」でした。

すかさずUさんを呼んで芳香剤を見てもらい、二人でホッと息をつきました。

「良かった〜!」

 

 

あの時はWさんのオーデコロンだと思って失礼な発言をしてしまいましたが、結果的に違っていて本当に良かったです。

Wさんはあの時、話を聞いていたのかどうかも分かりませんが、ただ普通に仕事していただけでした。

 

 

しかし、Uさんの勘違いによりヒヤヒヤさせられました。。

というか、I田課長はなんで「マイ芳香剤」をデスクに置いているのでしょうか。。

 

 

 

 

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

関連記事