かながわプラごみゼロ宣言

こんにちは。広報チームの岡野です。
神奈川県の皆さま、『かながわプラごみゼロ宣言』をご存じですか?

 

『かながわプラごみゼロ宣言』は、先日、このブログでお話をさせていただいた「SDGs」を推進する行動の一つとして、神奈川県が取り組んでいるプロジェクトです。

 

しかし、この取り組みは、ただ漠然とプラごみをなくそうという目標を掲げて起こった行動ではないんですね。

これは2018年の夏、鎌倉市由比ガ浜にシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられたことから始まったものなんです。

クジラやイルカ、ウミガメ等の海の生き物は、ビニールの袋や紐を、彼らの大好物のクラゲと間違えて食べてしまうんです。

ビニールが体の中に溜まってしまったら…もう、物が食べられなくなってしまうんですね。

6d029d53ebf41ef182a7d2da1a20e809_m

神奈川県では、この事故を赤ちゃんクジラからのメッセージとして受けとめて、2030年までの早い段階で、リサイクルされずに、ごみとして捨てられるプラごみをゼロにすべく、既に、いろいろな面で行動を開始しています。
具体的には、賛同企業やイベントで使用されるプラスチックストローやレジ袋の利用廃止や回収、海岸利用者へのプラごみ持ち帰りの呼び掛けです。
でも、この神奈川県の取り組みの発端となった赤ちゃんクジラ。

県内だけで産まれて育っていたわけではないですよね。

そう、海は世界と繋がっています。

 

今や、海を漂う海洋ごみ…通称、漂流ごみの問題は、世界規模で深刻化しているんです。
ビニールだけが問題なのではなく、自然に分解されにくいプラスチック類も、とても厄介です。

形を変えて、小さな小さなプラスチックであるマイクロプラスチックとなって、海を漂い続けてしまうんですね。

こうなると、もう、ほぼ回収は不可能です。

a5c73266b0cb3b87ba4226d124b459fd_m

ある海洋学者は、世界の漂流ごみは、海流や風の力で「ごみだまり」を形成するのだと言います。世界の海に、この「ごみだまり」は5つあるとされいますが、サンフランシスコからハワイ周辺の海域にある「ごみだまり」もその1つ。

この中には、日本から流れ出たと思われるごみも、たくさん見つけることができるのだそうですよ。

これに危機感を持ったハワイでは、店でのプラスチック製レジ袋を禁止。

更には、ホノルル市内の複数のホテルでストローを紙製のものにして対応しています。
まずは、自分たちにできるところからという点からも、ハワイと神奈川県の取り組みは、内容が似ていますね。
さて、今年のGWは、土日を絡めると10連休になりますね。

このような長期のお休みを利用して、美しい海やビーチに癒しを求め、旅行に出掛ける予定の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

恵みのあるきれいな海を守っていくためにも、ごみで他の国や生き物たちに、迷惑をかけないようにしていきたいですね。

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************