存在のない子供たち

こんにちは。広報チームの佐藤です。

 

以前から気になっていた映画があり、子無しで観られる時間を得たので鑑賞した映画についてお話したいと思います。

 

今、この映画がロードショーされた事をご存知でしょうか?

子を持つ親としてとてつもない感情を抱いた作品でしたので、皆様にもご紹介致します。

 

中東スラムに住む戸籍のない12歳の子供が、両親を「僕を産んだ罪」として訴える映画です。

この一文だけでも衝撃度がありますね。

物語は、少年が12歳の頃から、両親を訴えるまでが描かれています。

詳しくは、今後映画を観る方もいらっしゃるかもしれないので省きますが、言葉が出ない映画でした。

 

小学校にも行けずに、ただ、沢山の幼い弟や妹、両親の為に朝から晩まで身を粉にして、辛い重労働に徹しています。

しかし、何1つ報われずに家出をしても、身分証のないこの世に存在していない子供なので、何も出来ません。

食べる物も無く、働く事も出来ずに薬を違法薬物に作り代え、それを町の若者に売って生活をしのんだりします。

何の為に生きているのか分からない中でも、人に対してのやさしさを持ち、家出先でも赤ちゃんのお世話をするのです。

しかし、そんな生活にも終わりが来て、産まれ育った家に身分証を探しに戻った時でさえ、両親に辛く当たられ、最愛の妹も幼くして結婚した配偶者に殺されてしまっていて、その男をナイフで刺してしまい、少年院に監獄されます。

 b95b02ded7e538d2de8a2b94250b544f_m

ここまで見て、内容は違えど、「悪人」という映画を思い出しました。

本当に悪いのは誰なのか?そんな疑問が出てきましたが、誰しもが苦しんでいるのでした。

主人公ゼインは、両親を「自分を産んだ罪」で訴えます。

しかし、その両親も子供に悪いと思いながらも、自分達も同じような境遇で育って来ているので、抜け出す策が分からないのです。不幸の連鎖を生んでいる状態でした。

どこかでこの貧困の連鎖を断ち切らなければ、ずっとこのような生活を強いられる子供達が後をたたないと思いました。

日本ではありないお話だと思いましたが、同じ地球でこんな毎日を送っている子供達がいる事を、皆で考えていかなければいけないのかもしれないと思いました。

我が子はまだ幼いので観られませんが、もっと成長した時に鑑賞して貰いたい映画となりました。

子供は産まれてくる境遇を選べませんね。

だからこそ最低限の生活はどんな子供にも与えられる世の中になって欲しいと切に願いました。

久しぶりに見ごたえのある映画に出会いました。

皆さんも是非ご鑑賞ください。

 

 

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

****************************************

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>