語学の勉強方法

こんにちは、広報チームの佐藤です。

 

前回までは、目標を達成したり、日常生活の質を上げる頭の使い方をお話しましたが、今回は、今年私が一年間で習得したい語学の勉強方法についてお話したいと思います。

恥ずかしながら…私は日本語しか使えず、中学生英語ですら、文法や語彙力が無く理解出来ず。な状態です。

学生の時に、もっとまじめにやっておけば!などと後悔していても仕方ないので、今からでも勉強をしようと思っています。

私が学びたい語学は英語ですが、昨今はさまざまな教材やアプリ、スカイプでお手軽な金額で学べたりと方法は沢山ありますが、ありすぎて自分にはどのような方法で勉強したら良いのか。と思っている方も多いのではないかと思います。

私が学ぶ決意をした話を交えながら、どのように学んだら良いか。一例にはなると存じますがお話していきたいと思います。

f1bb8b81812e186a320d08c809e68852_m

外国語を学ぶにあたり、学ぶ前の心構えから話したいと思います。というのは、語学の勉強を始めるのは簡単ですが、継続するのが難しいところでしょう。

テキストを買ったは良いが、一人で黙々と勉強をしようと思っても、なかなか続けられるものでもありません。

語学の勉強というのは長期間してきたことがありません。というのは、語学学習自体が目的ではなく、語学はその先にある何か他の目的のための手段でしかないからです。

では、手段というのはどういう事かというと、「英語を使える仕事がしたい。」とか「イギリスに行きたい。」「アメリカに行きたい。」ということでもなく、もう少し具体的な目標です。

しかし、今言ったこれらも、私にすると何かをするための手段な気がします。

なんでもいいので好きなことを、興味を持てるものを見つけて下さい。

何のために英語が必要なのかを考える必要があります。

必然性がなければ、学習維持は難しいのです。

他の科目でも同じかもしれませんが、高校で習った微分積分など、その先の日常生活で使ったことはあるでしょうか?

 

使う意味や目的がなければ、継続していくモチベーションを維持していけなくなってしまいます。

例えば、簡単な所で言えば「アメリカ映画が好き!」でも良いんです。

私はイギリス映画が好きですが、やっぱりロマンチックコメデイなどは語学が分かってこそ、というところもあります。

そして、言語だけではなくその背景にある社会情勢なども理解する必要があります。

手段や目的が必要という事ですね。

私の場合は、1年後に外国に行く(住むかどうかは別として、短期間滞在はするであろう)という目的がある為に、向こうで生活をする為の手段として英語が必要な訳です。

今までに何度か英語の勉強をしようと試みた事はありますが、目的や必要性が無かった為に、後回しになって勉強するに至りませんでした。

今年は、必要に迫られて本腰になったという訳です。

人間、よっぽど好きでない事以外は、忙しい毎日の中で必要に迫られないと始められない。という事でしょうか。

そんな何かをしたいという気持ちに伴い、その目的を叶えるために語学が必要になれば、それが語学学習へのモチベーションにつながります。

語学の勉強と言うのは読み・書きと話す・聞くという4技能があるので、実はややこしい学問です。

ただし、第一言語学習(母国語)というのはこのように学習をしてきたわけではなく、ある意味いつの間にか話せたのではないでしょうか?

逆に、読み書き、特に漢字は小学生の頃に漢字テストがあったり、実は母国語の習得も意外と大変だったりします。

 

第一言語学習を考えた際、実は第二言語学習の学習方法が、第一言語学習とは真逆だと言えるのではないでしょうか?

というのは、第一言語は聞く、話すという順番で、その後読み、書きです。

一方、第二言語は外国語学習の場合は読み書きから入ります。

今ではインターネットのお陰で外国語も簡単に耳にすることができます。

自分に合った学習方法や学習ツールをまずは見つけましょう。

一人で黙々と勉強しても飽きてしまいます。

日本でも外国人とのMEETUPと言われるような、英語を話すイベントも多く開催されています。

もしも貴方が大学生なら、恐らく大学には外国人留学生がいるでしょう。

日本にも日本語学習者が結構います。

そういう方を探して、語学パートナーを見つけてみましょう。

そうすることによって、英語を話す必然性が出てきます。

もちろん、語学スクールに通う方法もありますが、語学スクールに通っている週1回、2時間の勉強程度では語学は伸びません。

その語学スクールに通って満足するのではなく、語学スクールの効果を効率的に吸収するために、毎日継続した学習が必要になってきます。

私は、どのように勉強をするか決めたかというと、上記のように、一人で気楽に出来る環境だと怠けてしまう感じがしたので…面倒はありますが、英会話教室に予約を通い、必ず話す環境を作りました。ネットの方がコスパが良いのですごく悩みましたが、なんとなく長期的に少しずつ出来れば、という緩い感じの目的でしたら、ネットにしたと思いますが、1年以内に生活出来る程のレベルを!と思っているので、私に合ったカリキュラムを組んでくれる英会話教室に通い、その時に有効に時間を使えるように、アプリでも時間のある時に勉強する。という方法にしました。

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_m

そしてある程度基礎知識を身に着けた後は、自分の好きな分野に関して外国語で学ぶことをお勧めします。

先ず自分の好きなことや自分が仕事で必要な分野などは、日本語でも単語そのものが万国共通の場合もあります。

そのため、まずは母国語である程度知識を入れてから、外国語で読んだり、聞いたりしても語学初心者でも理解しやすいことがあります。

留学の分野や言語学習でも研究されているのですが、既に知っている知識について他言語で勉強することは、より理解が深まり、語学学習にも繋がると言われています。

今回お話した勉強方法は、一例にすぎないですが、目標を持ち手段として語学を学ぶ。という心構えは勉強が続く要因だと思います。

1年後を楽しみに…出来る限りの中楽しんで学んでいきたいと思います。

 

 

 

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************