株式会社プロスキャリア

スーツケース破損

こんにちは、広報室の佐藤です。

今回は、沢山の方が経験あると思いますが、空港でのスーツケースの破損についてお話したいと思います。

 スーツケース (3)

海外旅行や海外出張の時に、現地でスーツケースをベルトコンベアから下した時に、預けた時とはまるで違った状態になっていた事はありませんか?

私は、海外へ行った際に2度程あり、1度目は補修依頼をだし、2度目は、新しい物を送って頂きました。

その手続き方法や、なぜ破損してしまうのかをお伝えしたいと思います。

※絶対補修してくれたり、新品を貰えるという事ではないので…ご了承願います。

 

国内の移動の時より、海外の時の方が被害にあう事が多いのではないか。と思いますが、いかがですか?

 

国民性もあるかと思いますが、スーツケースは空港では荷物と扱われ、しかも大量の荷物とあらゆる所にさまざまな移動手段で、運ばれています。

その過程で、フォークリフト等の乗り物によって引っ掛けられたり、ベルトコンベアに挟まれたりといった不幸な事故にある事があるそうです。

隙間なく手荷物が並べられるため、スーツケースがどこかに引っかかってしまった場合、後続の荷物の荷重が一気にかかってしまい、通常では考えられない壊れ方をするのです。

 スーツケース (1)

つまり、「空港や運送業者に預けたスーツケースが壊されて戻ってくる」ということは、十分に起こり得るのです。

なので、自分だけではないので、破損は仕方ないと諦めるよりなさそうですね。

ここで大事なのは、破損事故にあってしまった場合の対処の仕方です。

上記で↑※必ずとは言えませんが、破損の原因が自分にないのなら、請求をしてみるべきだと思います。

ベルトコンベアから自分のスーツケースを発見して引き取ったら、その場ですぐ破損や傷がないか確認してみて下さい。多少の傷は仕方ないので、諦めましょう。

少しエグイ傷や破損がある場合は、破損証明書を、搭乗した航空会社のカウンターで手続きをしましょう。

税関を通ってしまうと手続き出来ない場合もあるので、必ずその場で確認しましょう。

 そうすると、航空会社の判断によりますが、傷や破損がひどかった私の2度目の破損事故の場合、カタログを頂き、その中から好きな物を選び、後日、配送されました。

 

もし、航空会社が責任を負ってくれない場合でも、<どの過程で破損に至ったのか定かではないので、責任を負って貰えない場合は多々あると思います>海外旅行保険に入っていれば、なんらかの形で修理をして貰えると思うので、盗難等に巻き込まれてしまう可能性等を考えても、出発前に加入しているといいですね。こちらは自宅に無事に帰路してからの手続きで十分間に合うはずです。

 スーツケース (2)

豆知識として…破損した状態でも中に荷物が入っている為に、持ち帰らないといけない場合は、バゲージラッピングサービスというものが、空港にあるはずなので、探してみましょう。

 

今回、私は2度スーツケース破損事故に遭遇しましたが、1度目は保険会社で修理をして貰いました。

学んだ事は、本心は、かっこいいスーツケースを颯爽と引きながら歩きたいと思いますが(笑)

事故に巻き込まれる事も多いので、丈夫で破損しづらい素材の物を安心して使用しよう。という教訓を得ました。

皆様も少しでもさまざまな事故に巻き込まれずに、有意義な旅になる事を祈っています。

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>