コインランドリー

こんにちは。広報チームの岡野です。

 

ここのところ、天気予報に傘マークがつく日が多かったように感じますが、皆さまいかがお過ごしだったでしょうか?

 

前回、雨やらで、湿気が多いと身体も湿気る…なんてお話を書かせていただきましたが、生活という面から考えると、雨が多かったり、湿気が多かったりすると重要な家事の一つである『洗濯』に大きな影響がありますよね。

お天気に恵まれず、洗濯物が外に干せなくて家の中に干してみるものの、なかなか乾かず…。さらに、洗濯物を干せる場所にも限りがあるので、家族が多いと夏がくるまでは大物の洗濯は諦めざるを得ない…なんてこともあるのではないかと思います。

 d2039125131a5c4959ec3abff8e4ebec_m

筆者の家では、小さな子どもがいるため毎日何かと洗濯物が大量に出てきます。

晴れの日には使える干場をフルに活用して、さばいていくのですがこの梅雨時期は本当に参ります。

部屋干しをした日には、子ども達が帰るまでに洗濯物が乾いてくれないと干してある洗濯物で遊ばれてしまうんです。

やんちゃな子達からしたら、干してある洗濯物は、かくれんぼに丁度いいんでしょうが…叱らなければならない瞬間が増えて、何だか筆者自身、憂鬱になってしまいます。

 

と、ちょっとここで話が変わるのですが。

最近、筆者の生活圏内で、急増している店舗があるんです。

その店舗というのが『コインランドリー』。

e1e07d2b150b51a7f0114bbd79416026_m

ここ数年の間に、筆者宅から徒歩圏内だけで3件も開店するという増えっぷりなんです。

このご時世に珍しい…なんて思って少し調べてみると…なんとこのコインランドリー業界、今どんどん伸びて、活気づいてきているというんですね。

 

というのも、厚生労働省の調べでは1995年には9千件程度だったコインランドリー店が、2013年には1万6千件超え。

もっと言ってしまうと、2018年には既に2万件を超えているという情報まであるんです。

これだけ急増すれば、生活圏内で店舗が増えたなぁと実感出来るわけですよね…納得です。

 

でも、なぜこんなにコインランドリーは増えたんでしょうか?

 

1つには、共働き世帯の増加が言われています。

 

正直、洗濯は家事の中でも、時間や天候に縛られるという点で結構、厄介なんです。

まず、洗濯機が洗ってくれている間は待たないとなりません。そして洗濯物の量によっては、それが何ターンかあるんですね。

そして洗いあがった洗濯物を外干しをしようものならば、雲行きが怪しければお出掛けは不可。そして、外干しでも内干しでも洗濯物が乾いたらすぐ湿気戻りをする前に取り込まないと…など、なにかと制約がついてまわるんです。

一時期時間の有効活用をしようということで、夜に洗濯して部屋に干す…というのがイチオシされていましたが、集合住宅であればあまり遅い時間には洗濯機を回せませんし、家族に生活時間帯が異なる人がいたり、小さな子どもがいたりすると、なかなか思うように事が運ばなかったりします。

 

なにより、晴れた休日には家族みんなでお出掛けなどもしたいですよね。

それを洗濯物に邪魔されてしまうのは困るわけです。

 

そこでコインランドリーの出番なんです。

 

コインランドリーにある大型洗濯乾燥機は、家族3人分の1週間分程度の洗濯物の量であれば、千円強は掛かるものの、なんと1時間くらいで仕上げてくれるというんです。

さらに、洗濯中は洗濯機にロックが掛かりますから、その間店舗内で待っている必要はないんですね。ちょっと買い物してくるくらいのことはできちゃいます。

 

そんなわけで洗濯に関して言えば、正に、時間をお金で買って解決出来るということなんですね。

そう考えるとコインランドリーが流行る理由も頷けます。

 

こんな流れから、過去は単身や学生をターゲットにしていたコインランドリーなんですが、今はファミリー層をターゲットにしたり、女性客をターゲットにしたりと、変化してきているんですね。

 

またサービスとしては、実際に店舗まで行かなくてもインターネット上で洗濯機の空き状態や待ち時間を教えてくれるシステムを導入しているという、全国規模の会社さんもあるんだとか。

旅行などに行くと、帰ってからの洗濯で疲れがどっと出たりするんですよね。

そんな時、コインランドリーの洗濯機の空き検索が出来れば、帰宅途中に洗濯&その間にご飯。

持ち帰った鞄には、きれいな衣服…なんてことも可能になってくるというわけなんですね。

 ef97f35e5cb07bddbc32fcc8af524121_m

さて、こう使い勝手が良さそうなコインランドリーなのですが、今のところ店舗は増えているものの、顧客はリピーターが多いようで、実際にコインランドリーを利用したことがある人は全体の20%くらいだと言われています。

でも、これから先ターゲット層が広がって便利さが伝わっていけば、一気に利用者が増えそうな感じですよね。

 

ちなみに「コインランドリーの使い方」なんて検索をすると、詳細に書いてあるサイトや動画がいくつも出てきますよ。

まだコインランドリーを利用したことのない方は、この梅雨時期もそうですが、夏休みの旅行後などのタイミングでコインランドリーデビューをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

****************************************


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>