株式会社プロスキャリア

便利なアプリ その②

こんにちは。広報チームの佐藤です。

 

以前に便利なアプリその①で、モブをご紹介しましたが、今回も私が使っていて、便利且、人付き合いにも応用出来そうだな。と思った物があるので、お話したいと思います。

便利なアプリ その①はこちら↓↓

https://proscareer.co.jp/blog/?p=539

 

子供向けのアプリなので、皆さんが使う事はないと思いますが、これを使用して、気付いた事をお話ししようと思います。

 

ペチャット。というぬいぐるみに装着して、携帯にアプリをダウンロードして、操作すると、人形と会話出来るというものです。

https://pechat.jp/

 

 便利なアプリその② (2)

 

わが子がぬいぐるみ好きで、お話出来たら嬉しいだろうな…という思いと、大好きなぬいぐるみがしゃべれば、言う事を効いてくれるかな…。

という願いを込めて、購入したものです。

購入から数か月たちましたが、飽きずに、ぬいぐるみと話をしている様子を見ると、買ってよかった。と思う日々です。

 

歌や童話なども選択して、話させる事も出来れば、会話も出来ます。

子供の問いかけに、アプリを操作する者が、返事を入力するとおしゃべりするというしくみになっています。

驚いた事は、ぬいぐるみが、しゃべって注意をすると素直に効くのです。

そして、ごめんね。という言葉も聞こえてきます。わが子には効果覿面です。

なぜだろう。と考えた所、この商品は、家族心理学の専門家が監修している商品なので、さまざまな心理学的に効果がある要素が詰まっているのです。

 

わが子だと、つい言い過ぎて言い方がきつくなってしまって、内容ではなく感情だけが伝わってしまっていたのかな。という事に気が付きました。

言う事を聞いて貰えず、イライラしてそのまま言葉を発していたのです。

 

 便利なアプリその② (1)

 

しかし、ペチャットを使う事に寄って、一呼吸を置いて、なんて言葉をかけよう。と考えるこの間がとても大事だそうです。

 

この間は、何も子供だけに通用するものでは無く、大人同士のやり取りにも、コミュニケーションのひと呼吸の隙間を作る事はとても大事な事なんだな。と思いました。

思ったままを発信するのでは無く、間を置いて話すと、もめ事も減りそうですよね。

アンガーマネジメント。まさにこの事なのかな。と思います。

 

怒りの感情と上手く付き合う方法。

怒りのピークは長くて6秒と言われているらしいので、6秒我慢をすると、伝えたい事が伝えられて、喧嘩腰にならないようです。

なかなかこの6秒に忍耐が必要な事かとも思いますが、実践してみようと思いました。

日々、些細な事でも腹が立つ事ってありますよね。アンガーマネジメントを駆使出来たら、怖い物なしかもしれない!なんて思いました。

 

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

働き方改革関連法

こんにちは。広報チームの岡野です。

 

とうとう4月から、働き方改革関連法が順次施行されますね。

働き方改革は、少子高齢化が進む日本で、これから先も働き手を確保していくために必要となってくるであろう施策になるわけですが、もうこの少子高齢化が社会に及ぼす影響は、国を挙げての一大プロジェクトが必要になるレベルになってしまったんですね。

 

各種メディアでも取り上げられている通り、日本の人口は減る一途です。

総務省統計局が、今年の2月時点で発表している日本の人口は1億2633万人ですが、内閣府の発表資料では、2060年には8,674万人程になってしまうと予測されいます。

「1億総活躍社会」なんて言葉が掲げられていますが、そう遠くない未来に、日本の人口は1億人を下回ってしまうんですね。

 

就職活動が学生優位で行われていることをみても、これまで普通に雇い入れることができていた働き手が、従来のやり方では確保できない時代に突入しているのは、間違いないようです。

移民の受け入れなども政策としてありますが、制度や言葉など、いろいろな壁が立ちはだかることが想像できます。

そう易々と、働き手となる若者が突然増えたりはしないんですね。

そこで、これまで様々な事情から働く機会を得られなかった人たちにも労働力になってもらおうという取り組みが加速しているんです。

 

テレワークの導入についてもその一つですね。

インターネットに繋がる環境であれば、どこでも仕事ができるということで、子育てや介護など様々な理由で、なかなか家から離れられない人たちや副業が可能な人たち…

潜在労働力なんて言われ方もしますが、その人たちに働き口を提供できるといった点で、有望視されているシステムです。

 baaaed643072f76a4c0412d468d12298_m

現在も、テレワークを利用したお仕事がないわけではないのですが、正直、単価の安いものが多いんですね。

それなりの額になるものは、専門性が高いものが多く、通常のパートやアルバイトといったものに比べると、少し敷居が高く感じられる方が多いかもしれません。

 

でも、このテレワークには、実はかなりの可能性があるんですね。

最近、事務や経理をテレワークでできるようにして、外注に出す企業さんも増えてきているんです。全てをテレワークで完結させるとなると、システムの導入もサポートも大変なので、基本業務はテレワークで作業できるようにして、月に数回、出社を…なんて形をとっておられる企業さんもあります。

こうした取り組みが行われているのを見ていると、これからもっと、多様な仕事がテレワークでできるように…通常のアルバイトのような感覚で働けるようになるのでは?と、筆者はちょっと期待しています。

 

というのも、筆者は、少しだけテレワークでの内職を経験したことがあるんです。

自宅にいながらにしてお仕事が可能というのは、当時、妊娠していた筆者にとってはメリットが大きかったんです。

そして何と言っても、最大の利点は通勤時間が掛からないことでした。

 

筆者は神奈川県民ですが、周りに働き口となる企業が本当に少ない地域に住んでいるんです。

働くとなると、ある程度、大きな市街まで行くことになるのですが、それだけで通勤時間が1時間半以上、軽く掛かってしまうんですね。

当時は土地柄、これは仕方ないし、学生時代にも通学でそのぐらい掛かってたし…なんて思っていたのですが、ちょっとそこを考え直そうかなという統計を目にしたんです。

 

2017年に内閣府から発表されていた統計資料なのですが、世の中にはいろいろな統計があるもので「各都道府県民を年齢層で分けて、通勤時間に平均時給をかけることで、通勤による機会費用を通勤コストとして算出してみた」という内容のものだったんです。

要は、通勤に掛けている時間に働けていたら、1年でこれぐらいの額になってるよ?という統計なのですが…神奈川県、残念ながらワースト1位なんですね。

 1c12abb24d96d5964bca9608639d0afc_m

神奈川県では、全世代の平均で通勤に掛ける往復時間が120分近くになるんです。

特に若い世代程、顕著で「15~24歳」では148分という結果に…。

そのことから、年間1人あたりが負う通勤コストは、97万7000円にもなるんだそうです。

通勤時間が短い県と比較してしまうと、年間で実におよそ70万円程多く、通勤により損をしてしまっている計算になるんだとか。

金額で見てしまうと、毎日、通勤ラッシュにもまれ頑張っていることで、損をしているの??と、何だか、ちょっと悲しくなってきますよね。

 

この通勤時間については、働き方改革の趣旨である労働力の確保といった点からも、社会的損失であるといった流れになってきているんです。

国としても通勤に時間を掛けるなら、その時間、働いて欲しいわけですね。

具体的には「職住近接の実現」として、テレワーク推進、企業や政府関係機関の地方移転を進めてます。

これで筆者の住む地域にも企業さんが来てくれればいいのですが…土地の確保など、なかなか厳しい問題もあるようです。

(やはり、筆者の住む地域で子育て中だと、テレワークに期待していくことになりそうです…)

 8b35de84ebd94e31460a59b3d882cd97_m

それぞれの思惑があって、期待や不安のある中、施行される『働き方改革』。

これまで出社を必要としていた業務が、家でできるようになったりするのかなと期待をしつつも、それによって、かえって労働時間が増えてしまった…というような不利益を被るようなことがあってはいけないですよね。

全ての働き手にとって、『働き方改革』が、よりよいものになることを願わずにはいられません。

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

花粉

こんにちは。広報チームの佐藤です。

 

スギ花粉まっただ中ですね…という訳で、本日はスギ花粉のお話をしようと思います。

なんだか、私が子供の頃より、花粉の飛び散る量が益々増えて来ているような感じがしていたら、どうやらそのようで…温暖化が進んでいる背景もあるようですね。

ただ、益々増え続けるなら、国民の為に、スギを全て伐採すればいいのに!!と思い、なぜ伐採できないのか調べてみました。

すると、様々な理由があるようで。

花粉 (3)

 

災害対策としての杉

杉は建材としての需要の他、土砂崩れなどの災害対策の意味でも植えられているんだそうです。
花粉が少ななっても災害が起きてしまうのでは元も子もありません。

杉の伐採は筋縄ではいかないようですね!

 

確かに、災害がおきては、困りますものね。

それなら、災害が起きないスギの木以外の樹木に植え替えては…と思った所、

スギ林には土砂崩れのような災害対策に加えて、他の樹木より二酸化炭素の吸収量が多いため地球温暖化防止の役割も担っているそうです。

「林齢」が50年までは、スギの二酸化炭素吸収力はヒノキやカラマツ、クヌギと比べて相当優れている。国としては公益性の面から、スギを「ゼロ」にするわけにはいかないようです。

そこで、花粉の少ないスギや広葉樹への植え替えを進めていて、山林の所有者に補助金を支給して、協力を促しているようですが  実はこの対策、本格的にスタートしてからそれほど時間がたっていないようです。

今後の動きを見る感じとなりそうですね。

となると、自分で対策をするしかないようで、最近は薬の他にもマスク等沢山の花粉対策グッズが売られていますね。

花粉 (2)

その中でも私が特に気に入っている対策は、鼻うがいです。

市販のもので、ネットでも購入出来ます。

食塩水に似た液体を専用のボトルに入れて、点鼻薬のように、鼻に注入してその後、ティッシュで鼻をかみます。

何回か行うと、鼻の掃除が出来た感じで、鼻の通りもよくなり、爽快になります。スッキリ感は物凄くありました、私は。

ただ、これだけでは、アレルギー対策にはならないので、飲み薬や目薬、点鼻薬も使用しながらだと、効果が発揮されやすいかな。と思います。

風邪をひいて、鼻が詰まった時も使用できるので、重宝出来ると思います。

良かったらお試し下さい。

まだまだ花粉の季節は続きますが、桜も咲き始めて来るので、お花見を励みに、乗り越えていきたいと思っております。

花粉

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************

 


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

サッカー観戦

皆様はじめまして!

今回のブログは総務の滋野(シゲノ)が担当します。

 

先日横浜Fマリノスの試合を観戦するため横浜日産スタジアムに行ってきました!

 

今回の対戦相手は川崎フロンターレ。

このクラブとの対戦は「神奈川ダービー」と呼ばれ、毎回熱い試合が繰り広げられます。

1

マリノスのホームは日産スタジアム。JR小机駅が最寄り駅です。

今回は後輩の小田島君と一緒に観戦しました。小田島君は家が近いらしく年に数回観戦するそうです。

小田島君の道案内のもと10分ほど歩いてスタジアムに到着。対戦相手の川崎フロンターレサポーターも大勢駆けつけています。

 2

サポーターズシートのチケットだったので、熱狂的なサポーターと一緒にユニフォームとメガホンを用意して、大声を張り上げるのかと思いきや、小田島君の「2階席に行けば落ち着いて見られますよ」というアドバイスを聞いて2階で観戦をすることにしました。

 3

キックオフ前に生ビールを購入。

プロ野球ほどではないですが、サッカースタジアムにもビールの売り子さんがいるんですね。

 

開始早々自陣でボールを奪われて失点。

まだ始まったばかりといわんばかりに、応援のボリュームも上がり選手を鼓舞していきます。

応援のかいもあって、マリノスもゴールを決めて1-1で前半終了。

 

ハーフタイムショーにMINMIが登場し応援ソングを熱唱。サポーターもタオルを振り回して一体感も高まります。

 4

後半は神奈川ダービーということもあって、選手同士の接触プレイも激しく、段々とヒートアップしていきます。フロンターレは昨シーズンの王者ということもあって強い!

攻め込まれる場面が多く、終了間際に点を決められ、マリノスサポーターは意気消沈でした。

が、アディショナルタイムにCKから扇原選手のヘッドで劇的同点弾!

最後はマリノスサポーター大盛り上がり!

結果は2-2の見応えのあるドローでした。

今回は横浜Fマリノスを応援していましたが、私が個人的に応援しているのは川崎フロンターレの家長選手というのはここだけの話で…

 

写真では観客の多さが伝わりづらいですが…入場者数は36,216人でした!

(今シーズンの平均観客動員数は平成31年3月10日時点で29,484人。浦和レッズに次いで2位です)

 56

今日は引き分けなので、ダイジェストもヒーローインタビューもありませんでした。早々にスタジアムを後にします。新横浜駅から電車で帰路に着きました。

夜の試合でアリーナのコンサートと日程が重なると新横浜駅が大混雑するのだとか。

 7

個人的に日産スタジアムでは初のサッカー観戦で、楽しい経験でした。

横浜Fマリノスは昨シーズン、ベテランの中澤選手が引退してしまいましたが、攻撃的なサッカーに磨きがかかり、見応え抜群です!

皆様も是非スタジアムに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

かながわプラごみゼロ宣言

こんにちは。広報チームの岡野です。
神奈川県の皆さま、『かながわプラごみゼロ宣言』をご存じですか?

 

『かながわプラごみゼロ宣言』は、先日、このブログでお話をさせていただいた「SDGs」を推進する行動の一つとして、神奈川県が取り組んでいるプロジェクトです。

 

しかし、この取り組みは、ただ漠然とプラごみをなくそうという目標を掲げて起こった行動ではないんですね。

これは2018年の夏、鎌倉市由比ガ浜にシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられたことから始まったものなんです。

クジラやイルカ、ウミガメ等の海の生き物は、ビニールの袋や紐を、彼らの大好物のクラゲと間違えて食べてしまうんです。

ビニールが体の中に溜まってしまったら…もう、物が食べられなくなってしまうんですね。

6d029d53ebf41ef182a7d2da1a20e809_m

神奈川県では、この事故を赤ちゃんクジラからのメッセージとして受けとめて、2030年までの早い段階で、リサイクルされずに、ごみとして捨てられるプラごみをゼロにすべく、既に、いろいろな面で行動を開始しています。
具体的には、賛同企業やイベントで使用されるプラスチックストローやレジ袋の利用廃止や回収、海岸利用者へのプラごみ持ち帰りの呼び掛けです。
でも、この神奈川県の取り組みの発端となった赤ちゃんクジラ。

県内だけで産まれて育っていたわけではないですよね。

そう、海は世界と繋がっています。

 

今や、海を漂う海洋ごみ…通称、漂流ごみの問題は、世界規模で深刻化しているんです。
ビニールだけが問題なのではなく、自然に分解されにくいプラスチック類も、とても厄介です。

形を変えて、小さな小さなプラスチックであるマイクロプラスチックとなって、海を漂い続けてしまうんですね。

こうなると、もう、ほぼ回収は不可能です。

a5c73266b0cb3b87ba4226d124b459fd_m

ある海洋学者は、世界の漂流ごみは、海流や風の力で「ごみだまり」を形成するのだと言います。世界の海に、この「ごみだまり」は5つあるとされいますが、サンフランシスコからハワイ周辺の海域にある「ごみだまり」もその1つ。

この中には、日本から流れ出たと思われるごみも、たくさん見つけることができるのだそうですよ。

これに危機感を持ったハワイでは、店でのプラスチック製レジ袋を禁止。

更には、ホノルル市内の複数のホテルでストローを紙製のものにして対応しています。
まずは、自分たちにできるところからという点からも、ハワイと神奈川県の取り組みは、内容が似ていますね。
さて、今年のGWは、土日を絡めると10連休になりますね。

このような長期のお休みを利用して、美しい海やビーチに癒しを求め、旅行に出掛ける予定の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

恵みのあるきれいな海を守っていくためにも、ごみで他の国や生き物たちに、迷惑をかけないようにしていきたいですね。

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

子供の貧困について

こんにちは、広報チームの佐藤です。

 

さて、今回は、このブログで全てを語る事は不可能かと思いますが、子供の貧困についてお話したいと思います。

 

子供の貧困

 

日本は、大体数の人が、平均的な普通の生活をしている国だと表面上は見えていると思います。

何らかの事情で労働出来ない方々に、生活保護という制度もありますね。

今回お話をしようと思っている貧困の話は、相対的貧困の子供のお話です。

 

相対的貧困家庭の線引きは、微妙な所で、生活保護を受ける程に、生きていけない程ではないが、生活に余裕が全くない。

例えば、固定費と呼ばれる住居費、節約しながらでも必ずかかる食費、光熱費、等必要なお金の支払いをするともうほぼ残らない。という状況です。

 

生活保護もボーダーラインがあるので、このボーダーラインギリギリの状態で生活している方達が、すなわち相対的貧困に当たるという事です。

 

最近言われているのが、日本では、教育格差が問題視されていますね。

義務教育は受けられるけれども、富裕層の子供は、習い事や塾等沢山出来て、そこで能力に格差が生まれてしまう。という現状。

北欧では、幼稚園~大学まで学費がかからない国も多数あります。

なので、皆が同じ教育を受けられるので、能力に格差が生まれづらい。

どの学校も同じレベルの教育をしているという事になる。

ただし、日本と違って、卒業するのはとても困難ですが。

 

子供の貧困 (1)

 

日本の体制が良いのか、欧米の体制が良いのか、一概にどちらが良いとは言えませんが、子供の貧困を無くす。という観点から見れば、欧米の体制に魅力を感じると思いました。

昨今注目されていますよね。

 

教育だけでは無く、日本でも<こども食堂>や<こども宅食>等が普及してきています。

ボランティアで、食材を集め、調理し、子供達に食事を与える制度です。

とても良い働きかけだと思いました。

全ての人に平等に衣食住、そして教育を受ける義務はあると思うので、このような働きかけが、益々増えて行く事を祈るばかりです。

そして、私自身も、自分の出来る働きかけを行って行きたいと思っております。

 

こども宅配

https://www.furusato-tax.jp/gcf/155

 

上記にあげた物だけではなく、様々な形で私達が出来る働きかけがあります。

もし、自分にも何か出来る事があれば…と思う事があれば、調べてみると、色々出てきます。

 

 

こどもの貧困対策(神奈川県)

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532231/

 

こどもの貧困対策(横浜市)

http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/action/plan/kodomoplan2016-2021.html

 

神奈川県や横浜市でも、対策が出されています。

世の中に浸透して、こどもの貧困を少しでも減らせて行ける事を祈っています。

 

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

SDGs

こんにちは。広報チームの岡野です。

 

最近、いろいろな所で神奈川県知事選の選挙ポスター掲示板を目にするようになってきました。

神奈川県知事選挙を含む統一地方選挙は、4月7日が投開票となりますが、現神奈川県知事の黒岩祐治知事も、3期目に向けての出馬をされるみたいですね。

 

このような中ではありますが、先日の県のたよりに神奈川県の平成31年度当初予算案が掲載されていました。

今年は神奈川県知事選挙の実施があるため、当初予算は義務的経費が中心での編成となったようですが、それでも県民1人当たりに換算すると199,302円(一般会計)の計算になるんだとか。結構、いい金額ですよね。

でも県のたよりにも記載があったのですが、これはSDGsの理念に沿って、県民の生活に密着した取り組みを進めていくために使われる額になるんですね。

 

さて、上でさらっと書いてしまいました「SDGs」。

皆さま、どのくらいご存知でしょうか?かなりメディアでも取り上げられていたのですが、実は筆者、お恥ずかしながら、この記事を書くまで、何だかふんわりとしか分かっていなかったです…。

そんなわけで、なかなか掴みにくいSDGsを、ここで、ちょっとまとめてみたいと思います。

 876a1ca15913a95828cc890abcdc77c9_m

そもそもSDGsって、アルファベットで書かれても意味が分からないので、名前からいきましょう。

これは「Sustainable Development Goals」の略になります。

アルファベット4つなのに、単語は3つ。最後の「Gs」は「Goals」の略になってるんですね。そんなわけで、読み方は「エス・ディー・ジーズ」となります。

これを日本語訳すると「持続可能な開発目標」と、ちょっと硬いですが、どこかで見たことがあるような名称になるんですね。

 

このSDGs、実は、かなり壮大な目標で、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている、2016年~2030年までの国際目標なんです。

相互に関係する17項目の目標から構成されていて、すべての人々にとってよりよい未来を得ることを、また、誰一人として置き去りにしないということを誓っています。

 

国連サミットで採択された国際目標というと、それこそ何だか遠い世界の話で、自分にできそうなことはないや…という気になってしまうのですが、そこがSDGsはちょっと違うんですね。

まず「国際連合広報センター」というサイトを訪れてみて欲しいです。

名前からして、小難しいことが書いてありそうなイメージですが、SDGsを検索して、たどり着いたページの題名は…

「持続可能な社会のために ナマケモノにもできるアクション・ガイド(改訂版)」

 

ナマケモノにもできる…素敵な謳い文句です。筆者、そのタイトルのとっつきやすさに、国際連合広報センターのハードルが、かなり下がりました。

アクション・ガイド自体も、内容たすごく分かりやすく書かれていて、世界を変えるためにできることをレベル分けしてあります。ちなみに、レベル1は「ソファに寝たままできること」です。

ここでもハードル、ものすごく下げてくれてます。

不必要な照明を消そうとか、リサイクルをしようとか、本当に、ちょっと気を付ければ達成可能な目標がゴロゴロとあるんですね。

これを世界規模で一人一人が実行すれば、世界の未来が変わるっていうのがSDGsの根本の考え方なんです。

 

神奈川県でもSDGsにチャレンジしよう!ということで、すぐに参加できそうな目標などを設定してくれています。

というのも、神奈川県は、都道府県で最初に「SDGs 未来都市」および「自治体 SDGs モデル事業」の両方に選定された県なんですね。

さらに、これには横浜市、鎌倉市も選定されています。神奈川県はSDGsについて、先行していくべき県と言えるんですね。

 

最後となりますが、ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

 

今回は、SDGsについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

筆者はとりあえず、できそうなこととして、SDGsの17項目の目標から「2.飢餓をゼロに」と「3.すべての人に健康と福祉を」を組み合わせて「必要以上のカロリーは摂取しない」なんていうあたりから始めてみたいなぁと思っています。

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

ホットヨガ

こんにちは、広報チームの佐藤です。

春めいてきましたね。雨が多いのも春の特徴ですが、これからお花見が楽しみですね。

今回は、健康についてお話したいと思います。

昨今、ホットヨガブームですよね。私もブームに乗り、時間のある時は定期的に通っています。

これまで、ジムの器具での運動や、大人のバレエ等…さまざまかじって来たのですが、

ホットヨガは私的に物凄くはまりました!!というか、今現在もはまり中です。

ホットヨガ

ホットヨガにも様々な種類があり、溶岩ヨガ、岩盤ヨガ、ホットヨガ、後はハワイヨガ(リゾート地で自然に囲まれた中でのヨガ)等ありますが、どのヨガもとても身体に良い効果が出ています。一番良かったのは、溶岩ヨガで、これは溶岩のプレート(床)の上に薄いヨガマットを敷いてその上でヨガを行うのですが、溶岩からミネラルを補給出来るのです!

特に、溶岩、岩盤ヨガは室内の温度も高めで、湿度もとても高い状態なので、驚く程に汗をかきます。慣れるまでは、お風呂上りではないかと思う位の汗の量でびっくりしました。

汗をかくと、ミネラルが失われるので、ヨガ中にミネラルを補給で来る事はとても身体にとって幸せな事です。身体も柔らかくなるので、無理は禁物ですが、アーサナー(ポーズ)で、心から解れていく感じを味わえます。身体が温まる温泉に入っただけでも解れますよね。溶岩の力は、体を芯から温める効果があります。

そして、しばらく真冬でも手足が温かい状態が維持出来ていました。ホットヨガを始めるまでは、冬も夏も手足が冷えてしもやけが出来たり、夜眠れなかったりしたのですが、ホットヨガを始めてからは、定期的に通っていれば、冷え症も治り、夜も疲れがとれて、ぐっすり眠れるようになりました。3日に一度行く位が良いらしく、毎日だと体に負担が大きくかかる物なので、少し多いかもしれないという話も聞きました。

溶岩ヨガは溶岩という特殊な岩石を必要とするので、行っている教室も数多くはありませんが、ホットヨガだと割と色んな所に店舗があると思います。

溶岩程ではないにしろ、定期的に通うと、大量の汗をかくので、老廃物が出て、身体が軽くなり、すっきり爽快です。ホットヨガの後は、身体が軽くなるので、身軽にどんどん動けるはずです。ただ、身体の巡りがよくなり、その後老廃物を排出するので、無理は禁物で、夜は早めに寝ましょう。

質の良い睡眠が沢山取れれば、次の日もきっと活力的に過ごせるでしょう。水分はヨガ中も、その後もしっかり取って下さいね。

身体が資本なので、元気に過ごせる何かを見付けて行きたいですね。

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

道路の進行方向

こんにちは。広報チームの岡野です。
今回は諸説ある「道路の進行方向」について、雑学系の記事を書いてみたいと思います。

 

海外に行くことのある方、渡航先の道路を歩いたり、ドライブしたりする時に、違和感を感じることってないですか?

この違和感の正体は、道路の通行方向によるものだったりします。

日本の道路は皆さまがご存じのとおりの左側通行なのですが、それに比べ、世界の実に2倍以上の国が右側通行なんですね。もう、圧倒的に右側通行の方が多いんです。

1f20937d9d9628e0e315ee155688e1c8_m

さて、これ程に多い右側通行なわけなのですが、いったい、それはどうしてなんでしょうか? これには諸説あるのですが、ナポレオンが関係しているというのが、有力な説なんだそうですよ。

というのも、もともと世界の通行方向は、左側通行だったんです。

これは古代ローマの遺跡にあった荷車の轍(=車輪の跡)から判明しているんですね。

古代ローマでは、道路政策が非常に重要視されていたことから「全ての道はローマに通ず」なんて言葉も生まれてきたわけですが、他の古代文明でも通行方向は、おおよそ左側通行であったと考えられています。
しかし、この流れにナポレオンが待ったを掛けます。ナポレオンの戦術は、従来の常識であった軍同士の正面衝突を避け、自軍を右方向から進軍させて、相手軍を左側から攻撃するというものなんですね。

(言葉にすると少しややこしいですが、机上でシミュレーションすると分かりやすいですよ)

これは本当に良く考えたもので、実は進行方向の左側からの攻撃は防御率が低くなると言われているんですね。このナポレオンの戦法は相手軍の対応率が下がるのを見越した戦法なわけです。常識に捕らわれず従来の戦法をスパッと変えちゃうナポレオン。やはりただ者ではないんですね。

その後、ナポレオンは自軍にこの動きを徹底させようとします。そのために、ナポレオンがまた、スパッとやめちゃったのが…そう、左側通行なんですね。

フランス国内の通行方向を左側通行から右側通行に変更しちゃったんです。しかも、これを革命の真っ只中でやってのけたと言うのですから、それはそれで、すごいものがあります。

さぞ混乱もあったのでしょうが、そこは元々が大混乱の革命の最中。人々の適応力もなかなかだったわけですね。

さぁ、ここから、右側通行国の拡大が始まります。

f5f35ec82cabb05de7f019126339e1cf_m

当時のフランスはといえば、世界有数の超大国なんですね。

多くの国がフランスの影響下にあったんです。その結果、どんどん周辺諸国に右側通行が浸透していき、現在でも多くの国が右側通行なんですね。一部、ナポレオンに反抗した国は左側通行のままだったようなのですが、実用性の観点から1920年代に右側通行に変更したという話もあります。
では、なぜ日本は、今日まで左側通行のままなんでしょう?

日本は長く鎖国をしていましたので、世界の右側通行の流れにはのらず、ずっと左側通行だったわけです。

一説には帯刀して歩く場合、右側通行をすると鞘同士が接触してしまう「鞘当て」が起こってしまうからだというのがあり、時代劇にも、たまにそんなシチュエーションが登場しますが「鞘当て」は「鞘とがめ」とも言われますから、そこでいざこざに発展してしまうんですね。左側通行は武士にとって有用だったと言えます。

しかし、そんな武士の時代にも開国の流れがやってきて、文明開化が訪れます。この時期、日本は外国から色々なことを学ぼうとして、様々なものを輸入したんですね。

そして、交通法規も外国に倣おうとしたわけですが…そこで日本はイギリスの交通法規を採用するんです。これは元来の日本の交通法規に最も近かったのが、イギリスの交通法規だからなのですが、まさに、この時、今日にまでに至る、日本の左側通行が確定したんですね。

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、イギリスは左側通行なんです。イギリスにはナポレオン時代にフランスと敵対していた過去があります。

よって、従来からの左側通行を継続させていたんですね。更に、島国ということもあって、途中で通行方向を変更する必要性もなかったんです。

 

もし、文明開化当時の日本が、イギリスではなく他の国の交通法規を採用していたら、日本も右側通行だったのかもしれない…と思うと、何だか歴史の分かれ道の不思議を感じますよね。
さて、今回お話しましたのは、あくまでいろいろある説の中の一つになるんですが…道路の通行方向一つをとってみても、世界の文化や歴史的背景を知る良い機会になりますね。

なんだか、モノの見方というか、視野が拡がったような気になりませんか?
こんなちょっと変わったところから、国外に目を向けて、グローバルな視点を育ててみるのも、楽しいのかもしれませんよね。

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment

子育てサポート(年少~年長)

 

こんにちは。広報室の佐藤です。

04170e509c3cb84562ab3ad93d6c3ed3_m

 

今回も引き続き、横浜市の子育てサポートのお話をしたいと思います。

年少さんになると、大体どの子も保育園や幼稚園に所属します。

なので、これを機に働くママさんも増えて来ます。

子供のいない間を上手に活用して、私も仕事を始めたりしています。

ただ…ただ幼稚園は帰りが早いです。夕方前には帰ってきます。そして、週一回は午前中で帰ってきたりもします。

且つ、長期休暇は長いので、働くにもサポートを受けないと、パートであっても難しいのが、現状だと思います。

なので、子供が通っている幼稚園の一時預かりを利用したり、就労条件が当てはまれば、毎日、月定額料金で預かりできたりします。

ちゃんと週に規定日数時間以上働くなら、この月定額預かり(横浜市預かり制度)を利用すると、コスト抑えられますね。

ただ、この場合、幼稚園バスが使えなくなるので…、帰りが夕方以降になって、バスの乗車時間に間に合わない場合は、保護者が幼稚園までお迎えに行く事になります。

d6acbc5f31ebd13a2a4f94da74763562_m

私は免許がないので…これが少々面倒ですが、車があればあまり苦ではないかもしれないですね。日々何もなければ、この預かり制度を上手に使って行けば良いですが、仕事がいつもより遅ってしまってお迎えに行けない場合や、幼稚園以外での習い事をさせたい場合に、とっても便利なサポートがあります。

横浜子育てサポートシステム(子サポ)では、
「子どもを預かって欲しい人」と「子どもを預かれる人」が
会員登録して地域ぐるみで子育てを応援してます

という制度です。

 

登録をすると、自宅付近に住んでいるサポート会員の方が、現地から習い事先等、場所移動を子供と一緒にやってくれます。引き渡し時に、大人に引き渡すのが条件だと思いますが(利用した事がないので、確証持てず、すみません)、預かって欲しい人は、送迎や自宅などで、子供を預かれる仕事が出来ます。預かって欲しい方、時間のある方の需要を考えられた素晴らしい制度だなあと思っています。もし利用する時が、今後来たら、上手く利用したいと思っております。

http://famisapo.city.yokohama.lg.jp/

似た制度で、子育てタクシーいうものも横浜市ではあります。こちらも大人に引き渡しが条件ですが、子育て支援の講習を受けた運転手さんが、子供を現地で引き取り、行き先で、引き渡してくれます。

このように、様々なシステムがあるので、ママ達も仕事を見付けやすくなってきていると思います。ライフスタイルに見合うサポートシステムを取り入れて行きたいな、と思っています。

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

****************************************


カテゴリー  ブログ | Leave a comment