BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 空腹ダイエット

空腹ダイエット

こんにちは、三嶽です。

「空腹」こそ最強のクスリ(青木厚著)という本をご存知でしょうか。2月のある日、本屋で見かけて思わず買ってしまいました。

大きなくくりでいうとダイエット本なのですが、書いてあるとおりに実践をしてみたところ1年前の健診時の体重より7キロ減っていました。それもここ2ヶ月で実施して減ったものなので自分でもその即効性に驚いています。
見た目からしてもお腹が引っ込み、お腹がきつくてはけなかったズボンが楽々とはけるようになり、顔も幾分ほっそりとしてきました(個人の感想)。実施したタイミングが悪くある社員からは「コロナ疲れ」からくるやつれかと思われていたと後から聞きました。

今までも色々とダイエットをしようと検討してきましたが本格的にやってみたことはなありません。やる前から続かないという自信があったからです。カロリーや糖質などを考えて食事をしても美味しくないし、外食だとそういうコントロールもできません。

この本をジャケ買い(本の場合はなんて?)した理由はダイエットだけではありません、本の帯に血圧を下げる効果も期待できると書いてあったからです。血圧が遺伝&食生活からして高め推移であったので昔から気になっていました。血圧の改善をしつつ体重が減ったらいいな、くらいで始めたのですが…
他には、コレステロール、糖尿病、認知症にも効果、などと書いてあります。

やり方の詳細は本に頼りますがは極めてシンプルに食間(食事と食事の間)を16時間とるという作戦です。睡眠時間も挟み16時間の空腹時間を作れば良いと書いてあります。その時間で体に「オートファジー作用」が始まるそうです。夜8時に食事をしたのでれば次の食事は昼の12時ということになります。

これを始めて徐々に体重が減っていきましたが、そのうち時間を管理するのが面倒になり、一日の食事を原則夜だけにすると決めました。朝はプレーンヨーグルト、途中小腹が空いたらくるみやアーモンドなどの素焼きをポリポリと食べます。で、夜は普通に食べますしお酒も好きなものを飲みます。

この様な習慣で過ごしていくと、日中もそんなにお腹もすいてこなくなります。このパターンに変えてからグングン体重が減っていきました。血圧も上が140台⇒120台、下が100を切らなかったのが今は80台になっています。ちょっと出来すぎで怖いのですが…

この方法の良いところは、夜は毎晩しっかり食べて良いし、晩酌も出来るという他に昼食代がほとんどかからなくなりお金の節約にもなっています。ダイエットや血圧の改善に悩んでいる人はあまり難しく考えずこの「16時間空腹ダイエット」やってみてはいかがでしょうか。普段営業の仕事をしている人であればお昼ごはんを食べ損ねることもあるかも知れないのでそのきっかけで始めてみるとか。

ダイエットに限らず、自分なりのベストコンディションを考え、維持し、免疫力をあげてコロナに打ち克つ!と固く誓っていますが、このゴールデンウィークをステイホームしているうちに食うわ、飲むわで体重が完璧に戻ってしまわないかが少し心配です。

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事