BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 誰でも魔法使いに

誰でも魔法使いに

 

こんにちは。人材開発の冨田です。

高校野球ですが、センバツ出場が決まっていた32校が1試合限定で甲子園で試合できることが決まりましたね。
先日は無念の気持ちをブログにしましたが、高野連を始めとする大人たちが尽力してくれたのですね。素敵です。良かったですね!

 

さて本題ですが、皆さんは日常的に“魔法”を使っているのを意識されたことはありますか。

あるいは、ドラえもんの“四次元ポケット”を身につけていることを。

 

それは何かというと、

 

Googleです。

 

 

あぁ、という声が聞こえてきますが。

そう、皆さんの生活の一部として定着しているGoogleです。

でも、よくよく考えてみてください。想像してみてください。

Googleのある世界と、Googleのない世界。

 

以下に具体的なツールの説明をしてみます。

 

 Google検索
言わずもがな、世界最大のデータの宝庫。ググってしまえば何でも答えが見つかる、まさに世界一の図書館とも言えます。

 

 Googleマップ
これで世界が変わったと言っても過言ではありません。
目的地を指定すると現地点からの経路案内が表示されます。地図の精度が高いため、カーナビ替わりに使っている人も多いですね。
例えばお店など、いつも混む時間帯や、現在の混雑状況と待ち時間も分かります。過去の訪問履歴や現在のGPS機能を使っているからです。

 

 Googleストリートビュー
これがあれば世界旅行が出来てしまいます。どんなところでも検索すれば360°リアル画像が出てきます。例えば、「ドジャースタジアム」と検索すればグラウンド上にも立てるし観客席にも座れます。(メジャーはドリンクホルダーが無いんですね)

 Googleカレンダー
PCからでもスマホからでもいつでも予定を追加、変更ができ常に同期されています。目的地の住所や名前を入力するとGoogleMapと連携できてとても便利です。また、自分の予定に相手を招待することもでき、内蔵されているGoogle meetでWEB会議をすることもできます。

 Gメール
WEBメールなのでPC・スマホどこからでも送受信可能で常時同期しています。Googleなので検索の精度が高く、過去のメールをすぐに見つけられます。
そして何より、迷惑メールの検知能力が高く、受信BOXに入って来ないのが嬉しいです。

 Googleスプレッドシート
エクセルライクなオンラインワークシート。常に同期しているので複数人で同時作業が可能です。その他にもワードやパワーポイントライクなものもあります。
これは仕事では欠かせないツールですね。

 Googleドライブ
クラウド上のストレージでデータなど大量に保管できます。フォルダごとに共有を許可すれば複数人でデータを共有することができます。

 Googleフォト
写真や動画のストレージです。GoogleのAIによる画像認識レベルは群を抜いています。例えば「犬」と検索すると犬だけを認識して抽出してくれます。「自分」と検索すると自分が写ったものはすべて抽出されます。

 Googleキープ
簡単に言えばクラウド上の付箋のようなイメージですね。備忘録として使えます。このブログもキープで元ネタを作っています。

 YouTube
案外知らない人もいますが2006年にGoogleが買収しています。大半の人が生活の一部として利用されてるのではないでしょうか。世界No. 1の動画配信サービスですね。

この他にもまだまだあるのですが、これくらいにしておきましょう。

改めて考えてみてください。
これ、1企業が提供しているサービスなんですよね。

 

し・か・も すべて無料で!

 

私はGoogle社に1円も払っていません。おそらく皆さんもそうでしょう。

こんな便利なサービスが世界中の誰でも無料で使えるなんて、あり得ないですよね!どれだけ生活が便利になったことか。まさに神!

 

無料でこれだけのサービスを享受できる対価というのは、多少の個人情報と行動履歴だけ。

それくらい、いくらでも差し上げますよと思うのは私だけでしょうか。

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事