BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 広報 佐藤
  4. 鼻血

鼻血

こんにちは、広報チームの佐藤です。

 

皆さん、いきなりですが鼻血はよく出る方ですか?

我が子が最近、頻繁に鼻血を出すので、病院へ行ってきました。

 c9fe21600f32e032109d3a7b5b792d18_m

大人と子どもの鼻血は種類が違うといますが、頻繁に出てすぐ止まる鼻血は、

キーゼルバッハ部位からの出血のようです。

なんだかおしゃれで、音楽家みたいな名前ですが(笑)

鼻の入り口付近には毛細血管が数多くあり、アレルギー性鼻炎や風邪等の炎症により、鼻粘膜が充血し出血しやすい状態になっているようです。

鼻血ってすぐ止まるにしても、血は血なので、びっくりしますよね。

一度充血してしまった症状は、点鼻薬や、アレルギーを抑える飲み薬で、徐々に症状を和らげて行く事が出来るようです。

それでも治らない場合は…鼻粘膜を焼くという、軽い手術をすると治るらしいですが、大人でも相当痛いようです。なるべく点鼻薬と飲み薬で鼻血を出にくくしたいですよね。

 

この他にも、のぼせて出る鼻血もありますよね。

 

そういう時は、のぼせに効くツボがあるようです。

足の裏の指を曲げるとできるくぼみから、カカト方向へ向かって3寸の所です。片手で鼻の付け根をつまみ、ゲンコツで当泉を1~2分強めに叩くといいそうです。

二つ目は、足の指を曲げると足の裏に出来るくぼみ。これを同様に行うと、鼻血が止まりやすいようです。

 c4f6abd920fd2ffb98bfee5e829df7be_m

ただ、傷もなく、触りもしないのに、頻繁に鼻血が出る場合や、身体のどこかにあざが現れている、正しく止血しているのにも関わらず、出血が続く<目安は、20分間の止血を2セット>歯肉等、鼻以外からも出血が見られるような時は、腫瘍や血液疾患等の深刻な病気が隠されている事もあるので、病院へ行って検査をする事を推奨しているようです。

 

 

正しい止血方法は、前かがみになり、鼻の横の膨らみ<小鼻>を20分程度圧迫する。です。

 

これから暑くなって、のぼせて鼻血が出る事も増える季節…。

寝ている時に鼻血が出ると、シーツやらなんやら、寝具の大洗濯が大変なので、我が家では、大きいバスタオルをシーツの上に敷いています。そうすれば、洗濯物が減る確率が上がるので。

水分補給や、首筋、手足等を冷やすと、のぼせづらくなるようです。

 

 

 

これから暑い夏がやってきますね。

今回は、暑くなると我が家で起きる事件(笑)についてお話しました。

ご参考になる方がいらっしゃったら、とても嬉しいです。

 

 

****************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

****************************************

  1. buy cbd

    I intended to compose you a bit of note in order to give many thanks again about the amazing advice you’ve contributed above. It’s generous of people like you giving easily all a few individuals could have advertised as an e-book in making some bucks for their own end, and in particular considering that you could have done it if you considered necessary. The advice additionally acted as a easy way to be aware that many people have a similar desire just as mine to figure out a good deal more around this condition. Certainly there are a lot more enjoyable instances ahead for folks who browse through your blog.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事