BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 広報 岡野
  4. Exif情報

Exif情報

いつもお世話になっております。
広報チームの岡野です。

ふと、思ったのですが、このブログを読んで下さっている方の中で、SNS機能のあるアプリケーションを1つも使用していないという方はいらっしゃるでしょうか?
これ、皆さまご自身を含め、周りの方とかはどうでしょう?

例えば、LINE。
これも、広義ではSNSに入るアプリケーションになると思いますが、こちらのアプリ、何だかんだ、連絡を取ったり、情報を共有したりするにあたって、物凄く便利なんですよね。
そんなことから、かなりの普及率があるものと思います。

少し高齢の方であっても、孫の写真が直ぐに見れるとあって、子どもとの連絡手段としてスマホに入れたなんて方もいらっしゃいますし、中には、子どもに電話ではなく、LINEを使うようにスマホに入れられた…なんて方も。

もう、本人が必要としているかではなく、他の人から望まれて使用する場面も見られるくらい、標準化しているツールと言えるのかもしれません。

会社においても、社内SNSを導入する企業は増えてきています。

特に、このコロナ禍においては、在宅でのリモート勤務のため、ChatworkやSlackなどのビジネスチャットツールを導入した会社さんもあるんですね。
筆者は過去、色々な企業とのやり取りをする必要がある仕事をしていました。
連絡を取る際には、Eメールではなく、それぞれの企業が使っているビジネスチャットツールを使用するように、お願いされる事が多かったんです。

それこそ、Chatwork、Slack、Yammer、LINE WORKS…と、様々なビジネスチャットツールを使用してきました。

使用にあたっては、チャットを使うと、確かに、ある程度のタイプ速度が必要になったりはしますが、仕事の内容を話している最中に、そこでの話題に関連する資料や写真を、会話に挟むようにして、直ぐにポーンと送って情報共有が完了してしまうというのは、非常に便利で、業務効率が良いなと感じていました。
しかし、便利なものには落とし穴もあるもので、この社内SNSの感覚をもったまま、Eメールでの業務に戻ってしまうと…ついつい忘れてしまいがちになる、あるチェックが存在します。
というより、これは筆者が過去、やってしまったことなんですが…

それは、“Exif(イグジフ)情報の削除忘れ”です。
Exif(イグジフ)情報…一時期、ブログのアップする画像には注意が必要だということで、各関連メディアでも話題に上がっていたのですが、皆さま、ご記憶にありますでしょうか?
Exif情報とは、スマホやデジカメで撮影をした際に、画像に付け加えられる、その画像を撮影した時の設定データのことです。

明るさや絞りといったカメラの調整に関する情報だったり、撮影日時やカメラの種類の情報だったり、更には、設定されていた撮影者の情報だったり…といった具合です。

Exif情報からは、写真の詳細情報が分かるので、個人的な利用の際には、便利なデータなのですが、この時点でも、撮影者の情報が入るという部分で、大丈夫かな?と思った方はいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、最も、気をつけなければならないのは、GPS機能のある機器で撮影した画像…
例えば、スマホの位置情報をONにして撮影した画像がこれにあたります。
この画像のExif情報には、撮影場所の緯度・経度、高度が付加されてしまうんですね。
つまりは、その写真がどこで撮影された写真かが、ファイルの情報から分かってしまうんです。

先に話題にした、ブログにアップする画像への注意が各関連メディアから配信された原因というのは、画像一枚から、撮影者の生活圏や自宅の位置情報が漏洩する可能性があることに対するものだったんですね。
このExif情報ですが、消し忘れという人為的ミスがあったとき、ブログからの流出などでは、割りと致命的ミスになりがちなんです。

例えば、ブログが炎上したときに、既に、第3者によって、自宅が特定されている状況を考えてみて下さい。
恐怖しかないですよね?

そのようなこともあってか、大手のSNSやブログサービスでは、投稿の際に自動でExif情報から位置情報を削除する機能がついています。
でも、ここで、あぁ、それなら自分が使っているのは大手だから安心だ…と思ってしまうのは、まだ早いですよ?
そこは、あくまで、そこは相手任せの部分になってしまうからなんです。
アプリケーションやサービスを提供している側が、位置情報を削除しなければならないという決まりはないんですね。
つまり、アップした画像の位置情報が絶対に消去されると思っていてはいけないんです。
そして、ブログの他に、もう一つ、気を付けるべきなのは、筆者がやってしまった、Eメールへの画像添付時のExif情報削除忘れです。
これはもう、自己責任でしかありません。

筆者の場合は、当時の筆者が住んでいたアパートの位置が、相手先企業の担当の方にバレた程度の話で住みましたが、それでも開示する必要のない個人情報が、意図せずに漏洩したことには変わりありませんよね。
それに気が付いて、直ぐに連絡をしてくれた、当時の担当者の方には感謝しかなかったです。
以降、画像の送付に関しては、情報が漏洩しないよう、細心の注意を払うようになったというのは、言うまでもありません。

さて、今回は筆者の過去の失敗談となりました。
Exif情報の位置情報については、スマホであれば、GPS機能をOFFにすることで回避できると言われています。
しかし、色々と調べるうちに、GPS機能をOFFにしても位置情報が残ってしまうという現象が、過去、バグにより発生していたことがあるという情報を見つけました。

こちら、日本では馴染みのないSNSサイトの話なので、あまりにも情報が少なく、事の真偽が定かではないのですが、この話が例え、都市伝説だったとしても、もし、位置情報を消す機能にプログラム上のバグが発生すれば、位置情報が削除されないことになるのは間違いありません。そうなれば、結局は漏洩に繋がってしまうんですね。
その時になって文句を言ったとしても、漏洩した情報は取り消すことができません。

どちらにしても、画像のExif情報…特に、撮影者情報や位置情報に関しては、意図しない漏洩が起こった時の被害を考えると、きちんと自身で対処するのが正解だと言えるでしょう。
ちなみに、この画像のExif情報ですが、方法さえ分かってしまえば、自分で簡単に編集したり消去したりすることができます。SNS上に写真を乗せる機会が多い方は、掲載する画像の見栄えだけでなく、データもチェックしてからの投稿をおすすめしますよ。

インターネットの世界というのは、便利な反面、生活を脅かされるようなトラブルに巻き込まれるという怖さも、あわせ持っています。
とどのつまり、この件に関して、自分の個人情報を守れるのは自分だけということになりそうですね。
それでは、今回はこの辺で失礼致します。

********************************************
プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。
高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。
神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください!

お仕事検索「ジョブ&キャリア」
コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/
********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事