BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 広報 佐藤
  4. ミッドナイトスワン

ミッドナイトスワン

こんにちは、広報チームの佐藤です。

最近話題になっている「ミッドナイトスワン」という映画を鑑賞しました。

物語の内容もですが、草彅剛さんの演技が素晴らしかったです。

映画館でもう一度鑑賞したいと思う程でした。

この物語は、ヒロインの凪沙(草彅剛)が働く、夜の新宿のショーパブの楽屋から幕を開けます。

彼女と仲間たちは衣装を着けメイクを施し、チャイコフスキーの「白鳥の湖」の“4羽の白鳥”をバレエ風に踊ります。

同じ頃、東広島では、凪沙の従妹である早織(水川あさみ)がスナックで泥酔し、迎えに来た娘の一果(服部樹咲=はっとりみさき)をなじっています。

夜の片隅でもがく凪沙と一果が出会ったことから、美しく残酷な物語が始まりますが、題名が示している通り、『ミッドナイトスワン』にはバレエ「白鳥の湖」の世界が通底していて、この作品も、バレエも美しく残酷な物語です。

トランスジェンダーのお話とバレエをなぜコラボレーションさせたのか、鑑賞するまでは謎でしたが「白鳥の湖」を題材にしている事で、凪沙と一果に例えているのだなという事に気付きました。

「ミッドナイトスワン」の凪沙は、いわばオデット。

ただし昼の彼女は生きづらそうにしており、白鳥としてステージに立つ夜の方が自分らしくいられるように見えます。

凪沙の体は男性の形をしているが、心は女性です。生まれた時に割り当てられた肉体と性自認が違う、トランスジェンダー女性である凪沙。

一方、凪沙と共に暮らすことになる中学生の一果は、悪魔の娘ではないですが、例えれば無自覚な黒鳥。

上京した一果もまた、なかなか昼の世界に馴染めません。

一果の昼の世界、それは学校です。

だがバレエの天賦の才がある一果は、バレエ教室という別世界を見つけると、めきめきと光りだします。これに対し、一果をバレエの世界に引き込んだ友人のりんは影になっていきます。

無自覚な黒鳥である一果は、りんを、そして凪沙を犠牲にして、どんどん輝きをまとい、ついには世界へと羽ばたいていく。

残酷さを秘めた存在になっていきます。

もちろん一果も傷ついているのですが、彼女は早織や社会からかけられた呪いを解くことができます。

それは凪沙からの絶対の永遠の愛。凪沙は決して裏切ることはありません。

黒鳥オディールだった一果は、凪沙によってオデットの姿になる。

階段での戴冠シーンが象徴的です。

トランス女性であることを悲劇の象徴として描かれているようの感じましたが、この映画がバレエの変奏であるとすると、一果と出会った時から凪沙の行末は悲しみを帯びるものになると共に、光を見出しているようにも感じました。

一果と出会う前までは、毎日を悩みながら生活をしていただけなのに、出会ってからは様々な心の変化が描かれています。

出会いによって新たな苦しみを経験した事もあるけれども、幸せな時間も過ごす事が出来たのではないか。

この辺りの感情の変化とか凪沙自身を、自然に演じている俳優の草彅剛さんに、魅了されました。

凪沙として生きている。

また、監督の内田英治はかなり取材をした上でこの結末にしたそうです。

女性は母になるべく生まれるわけではないし、子供を産んだから即座に母になるわけでもない。母になっていくものなので、ならない女性もいる。

一果の母になりきれない女性であり、それを受け入れる世の中であれば、彼女もあそこまで苦しまないだろうと思いました。

そして凪沙は、段階を経て母になっていく。

映画は夜のシーンが多いですが、昼間もどこかほの暗い冷たいトーンになっています。

しかし、最後の海のシーンだけは明るい光を感じる。撮影の設計も秀逸です。

凪沙は一果の母になることで生きる実感を得て、旅立っていく。

ハリウッドでは、トランスジェンダー役はトランスジェンダー俳優にという動きが強まっており、実際にラヴァーン・コックス(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』[2013年~])などトランス女性が活躍しています。

しかし、そこに至るまでは様々な過程やそして困難があって、また、トランス男性の活躍の場がまだ少なかったり、サンドラ・コールドウェルのようにトランス女性であることを隠して活動していた役者もいるようです。

日本はまだまだこれからでしょう。

ぜひこの映画を観たら『トランスジェンダーとハリウッド: 過去、現在、そして』(Netflix)を観ることをお勧めしたいと思います。

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事