BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 冨田 展正
  4. 何を言うかより誰が言うか

何を言うかより誰が言うか

 

こんにちは。人材開発の冨田です。

世の中に「名言」と言われるものはたくさんありますよね。

でもそれは、受け取る側の「バイアス」で大きく左右されるものなんです。

つまり、「何を言うか」ではなく「誰が言うか」の方が重要だという事です。

 

例えば、ソフトバンクの孫正義会長やトヨタの豊田章男社長のコメント。スポーツ界で言えばイチロー氏や王貞治氏のコメント。

権威のある人、偉人の残すコメントはいずれ名言となっていきます。

 

それでは、いくつか挙げてみたいと思います。

 

孫正義

「一度しかないこの人生で、自分の夢を追いかけないでいつ追いかけるのだろう。

「口に出して紙に書いてコミットする事。それは成功への近道。

 

豊田章男

「トップというのは決める事と責任を取る事。」

「(自らが)幸せそうな顔をすることが、みんなの幸せになる。」

 

イチロー

「できると思うから挑戦するのではなくて、やりたいと思えば挑戦すればいい。」

「全くミスなしで間違いなしで辿り着いたとしても深みは出ない。」

 

王貞治

「練習で120%の力で振れ。そうすれば試合は80%の力でいい。」

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。」

 

堀江貴文

「 失敗しても命までとられることはない。ゼロになるだけ。」

「無理だと思う必要はどこにもない。追い求めていかなくては、可能性は消えてしまう。」

 

ローランド

「世の中には、2種類の男しかいない。俺か、俺以外か。」

「大事なのはどれだけ生きたかではなく”どう生きたか”だと俺は思うけどな。」

 

さていかがでしょうか。偉人の言葉には重みがありますよね。(ローランドは最近個人的にハマっているので載せました。笑)

 

そこら辺のいい加減な人が同じセリフを言っても、ピンとこないのではないでしょうか。

 

結局、その人が過去にどんな事を成し遂げてきたのか、あるいはどんな人格者なのかで言葉の説得力が変わります。

 

これは何も有名人だからではなく、我々一般人においても言えることです。

その人の「普段の言動の積み重ね」が、説得力を生む一番大事な要素なのです。

「あの人が言うなら仕方ない」とか、「あの人が言うならやってみよう」とか言われる存在になっていきたいですね。

 

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事