BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 広報 岡野
  4. VDT症候群

VDT症候群

こんにちは。広報チームの岡野です。

 

新型コロナウィルスの感染拡大対策として、これまでに神奈川県では、まん延防止等重点措置がとられてきましたが、8月2日からまた緊急事態宣言が発令されることになりましたね。

街中でのインタビューでは、“緊急事態に慣れてしまった”というコメントも聞かれたようですが、このところの1日の新規感染者数は過去最多を更新しているという状況には、感染への警戒をすると同時に、家族が感染…特に、今回の緊急事態宣言では休校への言及がない様子なので、子どもが感染してしまった場合を考えると、食料を含め、ある程度の備蓄は必要だなと思っていたりします。

 

では我々、仕事を持った大人の生活はというと…可能であれば在宅勤務を推奨する流れですよね。

在宅勤務の際には、パソコンを使って仕事をする方が多いのではないかと思うのですが、正直、家に職場レベルのパソコン環境を揃えている方って、あまりいないのではないでしょうか?

いざ家で仕事をしてみたら、目は疲れるわ肩は凝るわ…なんて経験をされた方も少なくないと思います。

 

筆者、アメリカ生まれの会員制スーパー、コストコの愛用者なのですが、在宅勤務が推奨された時期、コストコの店舗から一斉に消えたと言ってもいい商品があったんですね。

それらは、パソコンのディスプレイの高さを調整出来る台だったり、オフィスチェアであったり…とにかくパソコン作業を少しでも楽に出来るようにする家具類だったと記憶しています。

 

さて、パソコンなどのディスプレイを持つ装置のことを、VDT(Visual Display Terminals)というのですが、これらを用いた作業は、VDT作業と呼ばれます。

しかし、人が作り出した機器を操作するということから、VDT作業は、自然な人間の動きでは発生しない様々なストレスを作り出してしまうという特性があるのは否めないんですね。

VDT作業でのストレスは、精神的ストレスもさることながら、作業用のデスク、イス、はたまた、照明角度などから受ける肉体的ストレスも大きいんです。

 

そんなことから、新型コロナウィルスの関係で在宅勤務が増え始めた時期から、インターネット上では、VDT作業によって健康を損なってしまうという、VDT症候群への注意喚起がいたるところで行われてきました。

厚生労働省からも、テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドラインの中で、自宅等でテレワークを行う際の作業環境整備という内容が発信されており、VDT症候群を懸念した内容になっています。

 

一時的な在宅勤務のために、自宅に物品を購入するというと躊躇してしまうものですが、ちょっと疲れるけど、我慢は出来る範囲だし…というのが積み重なって起ってしまうのが、VDT症候群だというのも事実かと思います。

タイミングの見極めが難しいところではありますが、業界によっては、このコロナ禍で社員の在宅勤務を実施した結果、特に問題なかったので、このまま可能な限り作業については、在宅勤務を続けていく方針で…という会社もあったりします。

(筆者の知っているところでは、今年度からは、固定で社員が出社するような場所は引き払ってしまったなんていう会社もあるんですよ)

 

そんなわけでもし、コロナ禍を脱した後も、在宅勤務になる作業が既に判明しているなんていう場合には、早めに自宅の作業環境を充実させていくのも選択の1つではないでしょうか?

逆にそうではない場合は、レンタル家具でテレワークを応援している業者も多いんですね。

健康にはかえがたいものがありますから、そこは少し自分にお金を使ってあげてもよい部分かもしれませんよ?

 

というわけで、今回は少し短めの内容となりましたが、VDT症候群予防のためのVDT作業環境整備についての記事でした。

実は筆者、最近まで大き目のノートパソコンを使っていたのですが、ノートパソコンの特性上、画面を覗き込むようにして見ていたがために、肩凝りが酷いことになっていたんですね。

でも、あるんですよ。ノートパソコンスタンドなんていう商品。

 

使いやすいキーボードと併用すれば、あら不思議。感覚はデスクトップに早変わりです。

結果、背筋を伸ばしたまま作業が可能になり、肩凝りもみるみるうちに楽になっていきました。

なぜ、もっと早くに導入しなかったのかと、本当後悔…。

そんな体験からの記事だった訳ですね。

 

ほんのちょっとの自分への投資…これ大切です。

では、今回はこの辺で失礼致します。

********************************************
プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。
高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。
神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください!

お仕事検索「ジョブ&キャリア」
コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/
********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事