BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 冨田 展正
  4. PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは

 

こんにちは。人材開発の冨田です。

さて、今日は会社で取り組んでいるPDCAサイクルについてお話したいと思います。

PDCAは多くの会社で取り入れられていますが、実際に自分たちの仕事に置き換えて考えると、結構難しいものなんです。

なかなか社内の人間だけで十分な活用をしていくのが難しく、当社では定期的に外部講師を招いて勉強会をしています。

それらの内容を少しだけお伝えします。

まず、大前提として、PDCAは何のためにやるのかを明確にする必要があります。

それは当たり前ですが、「目的」を達成するためです。

そのために、「目標」を掲げて実行するのです。

それでは「目的」と「目標」の違いとは何でしょうか?

「目的」とは、最終的に射抜きたい”的”である。

「目標」とは、途中途中で通過する”道しるべ”である。

まずはこの定義をはっきりとしておかないと始まらないです。

その後にようやくPDCAに落とし込みをしていきます。

それでは、それぞれの意味を見てみましょう。

■PLAN=目標達成の為の計画

■DO=計画の実行

■CHECK=目標に対しての現状把握と要因分析

■ACTION=改善の方向性(方法)を決める

これを仕事に落とし込む前に、分かりやすい例えで見ていきましょう。

 

【その1 ダイエットの例】

目的=健康のため、モテるため
目標=今年中に体重を5キロ落とす

PLAN
・夕飯に炭水化物を摂らない
・週に2回筋トレをする
・週に2回ジョギングをする
・毎日体重計に乗る

DO
・それぞれ実行する
・実行できれば○をつける
・実行できなければ×をつける

CHECK
・1週間の体重の推移を確認する
・順調に進んでいるのかを確認する

ACTION
・順調に減っていればプランを継続する
・体重が減っていなければプランを見直す(プランの変更、追加、継続、中止)

そしてPLANを立て直し、PDCAサイクルを繰り返す。

 

【その2 結婚の例】

目的=幸せになるため
目標=来年中に婚約する

PLAN
・出会い系サイトに登録する
・週に1回PARTYに行く
・週に2回相席屋に行く
・週に1回友達に紹介をお願いする

DO
・それぞれ実行する
・実行できれば○をつける
・実行できなければ×をつける

CHECK
・有望な人が何人いるか確認する
・それぞれの進捗を確認する
・愛が育めているのかを確認する

ACTION
・有望な人が居ればデートを繰り返す
・有望な人が居なければプランを見直す(プランの変更、追加、継続、中止)

そしてPLANを立て直し、PDCAサイクルを繰り返す。

 

いかがでしょうか。このような例にすると少しはPDCAが分かり易くなるのではないでしょうか。(どうでしょうか??)

あと、陥りやすいパターンとして注意が必要なのが「手段の目的化」です。

いろいろとプランを考えるがあまり、その一つ一つの「手段」が、あたかも「目的」のような錯覚に陥ることです。

つまり、手段を実行すること自体が目的となってしまうことです。

上記の結婚の例でいうと、毎週パーティーに行くこと自体が目的となってしまう。あるいは、出会う人の数を増やすことだけが目的となってしまう。

「幸せになる」のが目的ですが、手段であるプランを実行すること自体が目的となってしまう、という事です。

手段と目的は、どちらも終わりがない為に混同しがちなのです。

 

という事で、今日は社内で取り組んでいるPDCAの話をさせていただきました。

PDCAサイクルはその名の通り回して回してどんどん回して、らせん階段のように上昇していくのが理想です。

階段の踊り場で少し立ち止まるのは良いですが、下っていかないよう頑張って行きましょう!

 

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事