BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 冨田 展正
  4. 「努力」とは何でしょうか

「努力」とは何でしょうか

 

 

こんにちは。人材開発の冨田です。

さて突然ですが、皆さんは普段何か努力をされていますか。

 

 

両親や先生、あるいは会社の上司から「努力しなさい」と言われたこともあるかと思います。

「努力」ってイメージ的には、嫌なことでも地道に繰り返しやり遂げることで将来それが報われる。
みたいなことですよね。

逆に言うと、思うような結果が得られなければ、努力が足りなかったと。

そう言われるとなんとなくネガティブなイメージがしますね。

 

 

そもそもですが、第三者からの押し付けられた努力は続かないと思います。
自分が自分自身に課した努力でないと、続かないし意味がないと思います。

 

 

一方で、自分には才能があるから努力は必要ない。才能がない人が努力をするものだ。

こう思われる人もいるかもしれません。

 

 

さて、ここで一つ逸話を紹介します。

 

 

伝説の日本人メジャーリーガー、イチロー選手は言いました。

 

 

「僕は天才ではありません。なぜかと言うと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです。」

 

 

この言葉には、過去にどれだけの練習を繰り返してきたか、どれだけの研究を繰り返してきたか、というしっかりとした裏付けが見て取れます。

イチロー選手は生まれつきの野球の天才ではなく、「誰でも出来ることを、誰にも出来ないほどの量を継続できる才能」の持ち主だった。

ということです。

 

 

能力がある人とは、「続けられる」能力があるという事です。

 

 

自分自身、過去を振り返ってみると、あまり努力をしてこなかったように思います。

冒頭に説明した通り、なんとなくネガティブなイメージを持っていたからというのもあります。

努力って、なんか地味だしツライなとか。

 

 

ただ、ここ最近少し考え方が変わってきたのですが、肉体が衰える40代からは、逆に努力が出来るチャンスだなと思うようになりました。

運動を継続するという努力をしないと、肉体は衰退してしまう。

だからこそ継続が出来ます。(ある意味強迫観念ですが・・)

その努力をする過程で精神が鍛えられ、人間的に魅力がある大人、成熟した大人になれたら良いなと思っています。(とは言っても全然大した事はしていませんが・・)

 

 

20代の時は何もしなくても全く問題なかったので、当然何もしないし、気にもしなかったです。

でも30代、40代となると、確実に衰えていきますからね。

 

 

あと、身体を動かすことだけじゃなく、「頭の訓練」もしなくてはいけません。

毎日、インプットのために少しずつでも本を読むことや、このブログもアウトプットの訓練として毎週アップする事を自分に課しています。

日々、自分をアップデートしていきたいですよね。老けこむのではなく。

特に、体に脂肪が付くより、頭に脂肪が付く方がやっかいですからね。(とイチロー選手が言っていました)

 

 

という訳で、最後にイチロー選手の有名な言葉を紹介して終わりにしたいと思います。

 

 

メジャーで3000本のヒットを打った後のインタビューです。

 

 

「小さなことを積み上げることが、とんでもないところへいくただ一つの道だと思います。」

 

 

これは名言ですねー

 

 

 

 

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事