BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 冨田 展正
  4. 幸せとは「主観的なもの」

幸せとは「主観的なもの」

 

こんにちは。人材開発の冨田です。

 

 

さて、皆さんはいま幸せだと感じていますか?

または、不幸せだと感じていますか?

あるいは、そんなこと自体考えていないでしょうか。

 

幸せと聞くと結婚式を連想しますが、例えば披露宴なんかで新郎が、「一生幸せにしてあげる」とか、新婦が「幸せにして欲しい」とか聞くことがあると思います。

でもそれって、そもそも日本語として間違っているんですよね。

幸せと感じる瞬間というのは、本人だけの感情だから、人に与えるものではなくて、人から与えられるものでもないのです。

 

幸せって、実はとっても「主観的な感情」なんです。

 

前述の結婚生活の話でいうと、ご主人が奥さんに優しく接してあげたところで、奥さんがそれを幸せと感じるかどうかは分かりません。

経済的に不便をかけさせないよう、毎月十分な生活費を渡し続けていても、それを幸せと感じるかどうかは分かりません。

子供に対しても、欲しいと言われるものはすべて買ってあげたとしても、子供はそれを幸せと感じるかどうかは分かりません。

 

一方で、決して裕福ではないにしても幸せそうな家族は居ます。

 

お父さんが毎日キャッチボールの相手をしてくれる。

妹が誕生日に手作りのケーキを作ってくれた。

仕事で彼氏との待ち合わせに遅れてしまった時、「お疲れさま」と何気ない一言をもらった。

 

なんだかハートフルな例えばかりですが。。

別にきれいごとを言いたいわけではなく、それぞれ人の感じ方次第なので、要は、100人居れば100通りの「幸せ」があるという事です。

 

そして幸せとは、「主観的な感情」であるとともに、ずっと継続的に続くものではなくて、その一瞬一瞬に感じる「刹那的な感情」なのです。

ふとした瞬間に、「ああ、なんか私いま幸せだな」

と感じるものではないでしょうか。

 

ということで、次回は「幸せとは相対的なものである」というお話をします。

それではまた。

 

 

 

********************************************

プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」

コーポレートサイト https://proscareer.co.jp/

********************************************

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事